【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース

SANSUIへの思い























私が始めてCDを聞いたのが小学校3年の時であった

それまでテープかレコードしか聞いたことがなかった私はCDの音に感銘を受けて
何度も繰り返し同じCDを聞いた覚えがある。

その時のシステムが他ならぬ「SANSUI」であったのだ。

それは「アンプはサンスイに限る」と言い張る父が広告で見つけて買いにいった代物で
それまで私はセパレートタイプのステレオを見たことがなかった

CDプレイヤーがあって

アンプにつないで

最後にスピーカーにいく

「音を出す為にエライたいそうなつくりをしているなー」と感じた。

音楽を聴く楽しさを知った私はラジカセを買ったがSANSUIの音になれた私には
ラジカセのシャカシャカした音は少々きつかった

しばらくして父にSANSUIのシステムを自分の部屋に持っていってもよいという許可を得たとき
狂喜乱舞して2階の自分の部屋に運んだ
それから5年も経ちこのシステムも10年以上使って老朽化し使えなくなってきていた、
老朽化による音の劣化も激しい。

そのことを嘆く私に父は誕生日プレゼントにソニーのコンポを買ってくれた

一体型のコンポできっちりとした音は出してくれたがSANSUIにあった「何か」がなく残念に思った私は

 アルバイトで稼いだお金でK’sのシステムを購入

ほとんど全財産をはたいて買っただけあっていい音を奏でてくれた。
 SANSUIのコンポを超えたK’sを得た私であったがSANSUIのコンポを捨てる気にはなれなかった。

ほとんどの部分でSANSUIを超えたと思っているが「何かが足りないのでは?」という気があったしなによりも
「あの感動を与えてくれたSANSUIを捨てたくない!!」という気持ちが強かった。

粗大ごみの回収の日の母の「これ捨てなくていいの?」の言葉をごまかし続けて数年がたったが

ある日捨てることにした

いつもゴミを放り投げる私はがらにもなくSANSUIのコンポを粗大ごみ置き場のコンクリートにそっと置いたことを覚えている。

いつか自分の稼いだお金でSANSUIのアンプを買うぞ!と決めていたがいっこうにお金が貯まらず(泣)

しかもSANSUI社自身の経営悪化によってSANSUIのアンプが入手困難になっていた。

社会人になってある程度の収入を得た私はネットでSANSUIのアンプを探しまくってオークションで発見。

SANSUIの音に惚れて13年、、やっと手に入れた。
            AU−707NRA       ひとつ前のK’sのシステム全体と同じ値段である。 CDをかけると今まで聞こえてこなかった微量な音がさーっと耳に溶け込んでくる。 感動した K’sのシステムを買って聞いたときSANSUIを超えたと思っていたがこれが大きな間違いであることに気がついた 「老朽化したSANSUIの音より勝っていた」だけであったのだ。  年月を経ても変わらぬ音と「音への信念」SANSUIは素晴らしい  そのサンスイの音の素晴らしさを教えてくれた父はもうこの世にはいない  音に下手な飾り付けをせずに実直に勝負する父とサンスイの素直な音はどこか共通点があるように思う。  壊れるまでこのアンプは使い続けようと思っている。  

オーディオに戻る

TOPに戻る