BOXING
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース


経緯

徳山昌守

WBCスーパーフライ級チャンピオン、今回4度目の防衛を迎える。

柳光選手

アマチュアですばらしい戦跡を残してプロへ転向実績を重ねて今回世界初挑戦。


結果

徳山の綺麗に伸びた右ストレ−トが当たりTKO

ジャッジは9RDまで全て徳山のフルマーク


李的考察

セレス小林VSムニョスでも説明したが今回はあの逆、徳山が左へまわりつつポジショニングの上手さで柳光を勝った。

上の図を見てほしい、(徳山青、柳光赤、ピンクは柳光の右フックの射程)徳山は右を出して左へシフトしつつサウスポーの死角にまわりながら射程の長い左をかえしていた。

しかもジャブの方がフックより射程が長いためジャブの距離でつつかれるとフックの距離にはもっていけない。

柳光の得意とする見えない右フック相手が右へいってくれるもしくは自分が左へシフトすればいいのだが徳山はそれをさせまいと自分から左へ回っていたのだ。

また柳光が右をだしにくいように左腕でフェイントを使ったり左ジャブをこまめに出していたことも含めて「徳山が徹底して右フック封じ」をしたと思う。

徳山選手が「右フックを打たせなかった」と自分で語っていたことはそれを意識して戦ったからである、結果柳光は左ストレートで攻勢にでるしかなかった。

ジョー小泉氏がいっていたとうり「ワンツーがいい選手というのは多いが徳山選手はツースリーがいい」

(徳山は左ジャブから右ストレートでなしに右ストレートから左の返しがいい)

徳山のアウトボクシングが柳光より勝った。

それにつきるのではないか

あと最後の右ストレートはよく伸びたいい右ストレートだった。


BOXING一覧に戻る

戻る

李的採点↓
y
ラウンド101112
徳山101010101010101010
柳光